×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一宮パブリック・サービス・アカデミー(一宮自治研究会)
平成19年度事業計画

ホームへ

当会について

規 約

平成19年度役員一覧

 

一宮パブリック・サービス・アカデミー(一宮自治研究会)

平成19年度事業計画

 

 

T.本年度事業の基本姿勢

 

財政・政策に関する研究・広報活動、並びにネットワークづくりに努めます。

住民の立場に立った住みよいまちづくりをすすめ、一宮町の行政に貢献するための事業を行います。

 

 

U.事業計画

 

1.一宮町並びに周辺自治体・関連自治体の財政について会員相互に研究する。

(1) 一宮町・周辺自治体の財政・行政に関わり資料・情報の収集を行う。

(2) 情報・資料の分析に基づいて、問題点・改善策等について研究する。

(3) 研究の成果を発表し、会員相互の共有を図る。

 

2.1.の成果をふまえて今後のまちづくりのための提案を行う。

(1) 前段に於いて得られた資料・研究成果等を、一宮町並びに周辺市町村住民に向けて広く公開し、また、提案をする。

(2) 同じくこれに基づいて、行政に向けても提案してゆく。

 

3.研究成果を軸として、現在進行中の長生郡市の合併に関わる事柄に関して、情報の公開・広報活動・教育的な活動・行政への提案などを行う。

(1) 第1ステージ、第2ステージにおける合併協議に関する正しい情報と進捗状況を精査し、改善策などをさぐる。

(2) 関連各自治体の財政その他の状況について調査し、合併後のシミュレーションを行う。

(3) 早期に合併がなされた先行自治体の事例を研究し、これらの報告会等を行う。

(4) 合併シミュレーションを基に、より良い合併のあり方・政策について研究する。 

(5) これらの公開をベースにして、住民アンケート等を行い、広く意見・情報などを募る。

(6) 前項までの研究成果の公開と報告のための場を設け、合併協議会並びに、関連自治体へ住民の立場に立った提案を行う。

 

4.1〜3の事業を効果的に進めるための、研究会・講演会・その他の行事等を企画実施する。

 

5.まちづくりに資する為の具体的な活動を開始する。

(1) 収集した情報・研究成果を常に公開し、広く住民が共有物として利用できるためのネットワークづくりを行う。

(2) 具体的なまちづくりの一端として、街の環境整備その他のための活動を組織的に行う。

(3) 当会の広報・行政への協力のためのチャリティーバザー等の事業を行う。

 

事業日程

 

 

月例会

報告会・広報活動・その他の事業

合併協議会・議会等の日程

4月

 

5月

 

 

6月

 

 

 

7月

 

 

8月

 

 

9月

 

 

10月

 

 

11月

 

 

12月

 

 

1月

 

 

2月

 

 

3月

 

 

16日

 

13日

13:30〜

 

( )日

 

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

( )日

 

 

 29日:総会

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施,広報活動

 合併に関する住民アンケートの実施、

 市町村合併に関するシンポジウム(仮)

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 海岸防災林の清掃活動、報告会の実施

 広報活動

 

 チャリティーバザー、報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 報告会の実施

 広報活動

 

 4/16(月) 第1回

 

 5/10(木) 第2回

 5/27(日) 第3回

 

 6/11(月) 第4回

 6/25(月) 第5回

 

 

 7/10(火) 第6回

 7/25(水) 第7回

 

 

 

 

 9月 一宮町議会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 月例会は、原則として毎月第2日曜日といたします。

※ 合併問題に関連の事業については、合併協議会の進捗状況に応じて内容と日程などを

  今後決定します。

 

 


ホームへ

 

Copyright(C) 2007 ICHINOMIYA PUBLIC SERVICE ACADEMY